like crap

Like crap

くだらない事や、さほど必要の無さそうな事を一方的にばらまきます。

移住には青森県八戸市が最適だと言い切ります!

近年、田舎へ移住することが流行しているのか、ずいぶん「移住」という言葉を見かけたり耳にする機会が多くなった。「まだ東京で消耗しているの?」というブログで有名になったイケハヤ氏が、東京から高知に移住して成功したことも、移住=都落ちではないイメージに貢献しているのだろう。

新しい暮らしのスタイルや働き方の選択肢として、多くの人が当たり前に移住を考えるようになってきたことが流行っていると感じる理由かもしれない。

 

そんなに移住が流行っているのなら、郷土愛に溢れている僕は、これから移住を考えている人に向けて、僕の住んでいる青森県八戸市が、「いかに移住に最適なのか」ということを、是非とも伝えておかなければならないだろう。

f:id:tatsumori777:20170303093005p:plain

 

八戸市の素晴らしさを伝える前に、移住に関するデータを紹介しよう。

 

国土交通省HPより一部抜粋>

(足下で見られる地方回帰)
 統計データにより地方への人の流れの傾向を全国的に読み取ることは困難であるが、経済一辺倒の豊かさではなく、自然や地域との触れあいを大切にする生き方も求められており、田園回帰と呼ばれるように、地域を志向し地域を大切にしたいという若者も増えてきているとの指摘がある。
 内閣府が実施した世論調査では、確かに若い世代の田園回帰の意識の高まりが現れている。都市住民の農山漁村地域への定住願望についての調査によると、2005年調査に比べ2014年調査では、30代の農山漁村への定住願望が17.0%から32.7%へ、40代では15.9%から35.0%へと伸びている(図表2-1-5)。

 

図表2-1-5 都市住民の農山漁村への定住願望(ある・どちらかというとある)

f:id:tatsumori777:20170203090512p:plain

 

特定非営利活動法人ふるさと回帰支援センター注22では、地方移住を希望する都市住民と、約800の移住・交流を支援する地方公共団体とのマッチングを行っている。同センターでは、問合せの件数や利用者の年代についてアンケートを実施しており、2014年の利用実績を見ると、来場者は2013年の約1.4倍となっている(図表2-1-7)。

 

図表2-1-7 特定非営利活動法人ふるさと回帰支援センター(東京)問合せ・来場者数の推移

f:id:tatsumori777:20170203090652p:plain

 

上記のデータをみると、「移住をした人の実数はわからない」とはあるが、NPO法人ふるさと回帰支援センターへの相談者数は確実に右肩上がりで増えている。これは、多くの人が移住に関心を持っていることの裏付けにならないだろうか。

 

 

ふむふむ、なるほど、これは、我が故郷「八戸」の素晴らしさを世に広め、実際に住んでいる僕が感じている住みやすさと他の移住候補地よりも八戸がいかに優れているのかについて、完全に主観的で独りよがりの観点から情報発信する、千載一遇のチャンスではないか!!

 

ちなみに、僕は埼玉県に3年。東京に5年。仙台に3年。計11年もの間、故郷を離れ生活をしていた経験があるため、都市部で暮らす便利さや楽しさも十分承知の上で、「八戸」という地方都市の魅力を大いに語らせてもらう。

 

 

青森県八戸市の場所 

まずは青森県八戸市がどこにあるのか見てみましょう。

<主要都市までの移動時間> 

●青森、盛岡まで30分(新幹線)

●仙台、函館まで1時間30分(新幹線)

●東京まで2時間55分(新幹線)

 

 

八戸に移住したほうが良い3つの理由

 

1、北国なのに雪があまり降らない

青森県というと、多くの人は雪国をイメージします。でも、太平洋沿岸は雪があまり降らないのです。 太平洋側気候と海洋性気候を併せ持つ地域で、冬の天気は晴れが多く、空気が乾燥しています。積雪量も比較的少ないのです。

地元の感覚で「今日は積もったな~」という日で15㎝くらいでしょうか(主観的)

なので、通常雪国であれば、冬期間は毎日雪かきをしなければならない、と思われがちですが、雪かきはシーズンで1回~3回程度です。

 

しかも、車で30分~1時間以内にスキー場も多数あるので、会社帰りにスノボに行くなんてことも可能です。

これって、けっこう重要じゃないですか?ほどよく雪も降るので、春夏秋冬の季節感がしっかりとあり、冬は近場でウィンタースポーツも楽しめ、なおかつ、日本海沿岸と異なり、降雪量も多くないので、雪かきに貴重な時間を奪われない

いい、良すぎる。良すぎますね~!

 

f:id:tatsumori777:20170517220008p:plain

2、ものすんごくバランスが良い

八戸市は人口23万人。このぐらいの街の規模だと、医療・教育・文化・余暇など、必要な都市機能や生活関連施設も充実しています。

また、そのように一定規模の都市でありながら、海、山・川・湖が全て近場にそろっています。

車で30分もあれば全て行けます。なので、湖のほとりでキャンプ&BBQ、海でサーフィン、登山やスノボ・スキーなど、ありとあらゆるアクティビティが楽しめますよ~!

 

地方の中核都市でありながら、自然資源も近くにあふれている。バランスがいいですね~。

 

さらに、バランスがいいといえば、産業構造のバランスの良さです。移住で大切なのは移住先での仕事の確保です。

八戸市は漁業や農業、林業などの1次産業も盛んでありながら、新産業都市の指定を受るほど鉱業や製造業など2次産業も北東北随一の都市です。

そして、貿易港としても機能も持っており、北東北の物流拠点として、サービス業などの3次産業も活発です。

とても産業構造のバランスが良いので、多様な職種が働き場所としてありますので、移住前の仕事のスキルを生かして働きやすいのではないでしょうか。

 

3、アクセスが良い。

陸海空のアクセスがとても良いです。良すぎます!

<陸路>

高速道路は八戸市内に4ヶ所のIC(インターチェンジ)があります。

鉄道は市内に13駅あります。JR八戸線青い森鉄道、IGR岩手銀河鉄道東北新幹線です。

<海路>

フェリーも北海道の苫小牧市まで就航しており、1日4便運航しています。これにより、車で北海道に渡れますし、車をフェリーに乗せなければ5,000円で札幌まで行くことが可能です。

<空路>

中心部から車で30分の場所に三沢空港があります。空港からは東京(羽田)・大阪(伊丹)・札幌(丘珠)、函館への直通便があります。もちろん、羽田経由であれば、日本中どこにでも行けますよね。

 

考えてください。陸海空のすべての移動手段が、すべて近くにそろっている都市がどれほどありますか?

 

<八戸市の移住PR動画>

移住支援施策に関しては、県外からの移住をご検討の方に会員証を発行し、県内の協賛施設等で各種割引や特典サービスを受けられる制度「あおもり移住倶楽部」というサービスが新たに創設されています!

www.city.hachinohe.aomori.jp

 

また、八戸市では「ほんのり温ったか八戸移住計画支援事業」として移住の際に転職する活動や住居探しの際の交通費を助成しています。(助成を受けるための要件等の詳細はリンクを確認してください)

これって、遠方にお住まいの方は地味にありがたいですよね。

www.city.hachinohe.aomori.jp


 

いままで書いてきたこと以外にも、良いところはたくさんありますが、どんな地域でもそこそこの特色や良いところはたくさんありますよね。

もちろん、水揚げ高が国内で第7位の港町(2018年統計)でもあるので、海産物がすべて旨くて新鮮!は当然ですが、築地にいけば、たいていの美味しい海産物は食べれるし、どこの土地にも美味しい食べものはあり、ここで何が美味しいとか書いても、ただのお国自慢になってしまうので割愛します。イカの水揚げは日本一!)

 

青森県の人口1万人あたりの飲食店の数は全国5位!!(1位は沖縄、2位が熊本)旨い地酒と新鮮な海鮮料理で夜の長横町(繁華街)は最高です。

 

冒頭に説明したように、私は埼玉、東京、仙台、八戸でそれぞれ生活したのですが、生まれ故郷という思い入れを抜きにして、八戸はとても居心地がよいと感じます。

 

これまで、説明したのは便利な点ですが、移住先としての田舎暮らしを希望されるかたは、不便でも静かな田舎が良いと思われるのでしょう。

ご安心ください。車で20分も走れば・・・

 

こんな感じの場所や

f:id:tatsumori777:20170206162309p:plain

 

こんな場所も

f:id:tatsumori777:20170206162635p:plain

 

こんな場所も

f:id:tatsumori777:20170206170740p:plain

 

こんな場所まで!

f:id:tatsumori777:20170206170332p:plain

 

さらにはこんな体験まで出来ちゃう!?

 VRゴーグルで見ると、凄い体験ができますよ~

 

もう、住むしかないって感じです(笑)

 

 

不動産屋視点での八戸情報

sumaity.com

 

八戸に関する掲示板(けっこう本音で話しています)

八戸について教えてください! : 旅行・国内外の地域情報 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

まあ、移住なので観光ではないけど、とりあえず。

八戸観光Navi | 八戸市観光情報サイト

 

こんなに、住み心地の良い場所はなかなかありませんよ~!

 

さあ!

 

 

さあさあ!

 

 

こぞってみんなで八戸に移住しましょう!

 

 

名刺管理にはもう困らない!名刺アプリはこれ1択でしょう。

f:id:tatsumori777:20180207151549p:plain

みなさん名刺管理どのようにしていますか?3ヶ月もそのままにしていると、知らず知らずに名刺が溜まってしまい、整理するのが面倒になりますよね。

 

これではビジネスの人脈も無駄になってしまします。

そんなときに活躍するのが名刺管理アプリですが、最近では画像認証や文字認証の精度が高くなり、スマホで撮影するだけで名刺リストに自動保存されるようになっています。

最近では読み取り精度が8割~9割と、非常に高い精度で読み取りをしてくれるので、修正の手間が大幅に少なくなっています。

 

そんな名刺管理アプリですが、どのアプリを選ぶのか迷ってしましますよね。

これまで5社ほどのアプリを使ってみたのですが、ズバリWantedly People(ウォンテッドリーピープル)」がダントツに良いです。

 

↓レビューページ↓

外部の人と頻繁に連絡をとる営業の方、このアプリ見逃せませんよ!

 

理由は、10枚をまとめて読み取り可能なこと、人工知能により使うほどに読み取り精度が良くなること、LINEやSMS、メール等で名刺のデータを会社の同僚、上司と共有できること、そしてなんといっても名刺交換をきっかけに、相手に関連する情報を人工知能が見つけて来ることです!

  

名刺交換をする場面って、初めて会う人とするじゃないですか。僕はけっこう人見知りなほうなので、初対面の人と適切な話題で盛り上がったり、スマートな会話をしたりすることができません。

でも、このアプリで名刺をスキャンした瞬間に相手に関する情報が見れるので、一緒にその話題で盛り上がることができますし、ビジネスマンなら誰もが気になるAIを使っていることで自分の印象も良くなります。

f:id:tatsumori777:20180207152208p:plain

 

名刺管理アプリを一度使ったけど更新するのが面倒になり、結局使わなくなったという人も多いかと思います。

毎回、名刺を読み込ませるのも面倒くさいという方には、10枚まとめて読み込ませることができるこのアプリはうってつけなのではないでしょうか。

 

あまり、ごちゃごちゃと説明はいらないと思います。無料のアプリなので、まずは使ってみて下さい。きっと仕事では必須のビジネスアプリになるでしょう。

 

【VR】これを知らずにVRは語れない!初めての人に見せたい、絶対おすすめのVR体験コンテンツを2つだけ紹介するよ。

「VR」の画像検索結果

最近では日常的に見かけるようになったVR関連のニュースやコンテンツ。

国内でも気軽にVR体験できる施設も増えており、一緒に別世界のスリル体験ができるVRスポットでは、デートでの「吊り橋効果」も期待ができます。

 

<都内で楽しむVRスポット>

・VR SPACE
サンシャイン60展望台
東京ジョイポリス「Zero Latency VR」
・VR PRAK TOKYO
SEGA VR AREA AKIHABARA
・シブヤVRランド
・渋谷 VREX

 

しかし、なんといってもVRの醍醐味は別世界に瞬間移動したかのような体験ができることです。移動の壁を無くすVR体験をするのに、わざわざVRスポットに出かけなくても、部屋にいながら世界中を見に行ったりしたいですよね。

もちろん、視覚情報以外にも五感に刺激を与える大規模VRスポットには敵わないですが、自宅でのVR体験でも別世界へ行く感覚は十分味わえます。

でも、初めてVR機器を購入する人はどのVRゴーグルを買えばいいのか、そしてどんなコンテンツがあるのかわかりにくいですよね。

 

そこで、今回はそんな自宅で楽しめるおすすめのVRコンテンツを2つだけ紹介したいと思います。(まずはコレやっとけ!という感じの2つですよ~)

 

まず、自宅でVRを楽しむために必要となるのがHMD(ヘッドマウントディスプレイ)ですが、ハイスペックなPCなどが必要となるHMDから比較的低価格のスマホ装着型までさまざまなタイプのものが流通していますが、没入感の高いVRを提供してくれるのがHTC Vive、Oculus RiftPSVR、GearVR、Daydream、です。

もちろん、この5つ以外にもたくさん、ホントに沢山のHMDがありますが、これら5つから選んでおけば外れはないでしょう。

「VR」の画像検索結果

この5つの中でも、スマホ装着型のミドルエンド機器、ゲーミングPCなどのハイスペックPCで使うハイエンド機器に分類されます。

 

スマホ装着型ではサムスンが提供するGearVRとGoogleが提供するDaydreamが没入感が高いのですが、対応しているスマホが限定されておりますので中古のSIMフリー端末を安く購入するのがおすすめです。価格も安く、HMDのみでは1万円台で購入できます。

 

PCなどに接続して使うタイプのハイエンドHMDは、PCとHMDを合わせて購入した場合、最低20万円は必要となります。(PSVRは8万円くらい)お値段が高いぶん、クオリティの高いVR体験ができます。

 

紹介してるHMDはいずれも十分にVRの世界を満喫できるものばかりですので、予算に合わせて選んでください。

 

それでは、HMDを装着して仮想現実の世界を楽しみましょう!

 

【ジャンル】ホラー・恐怖系のゲーム

VRの醍醐味は空間と体験のダウンロードにあるでしょう。その中でも恐怖・ホラー体験は抜群にVRと親和性が高いです。というか、尋常じゃなく怖いです。

もうそれは遊びの域を超えていて、怖くなってHMDをゲーム中に外したくなります(笑)

『Sisters』

スマホ装着型のHMDでも楽しめるホラー系アプリです。データ通信量も多くないので気軽に恐怖体験が可能です(視聴中はあまりの恐怖に気軽ではない)

「Sisters VR」の画像検索結果

実際にプレーしている人の様子↓

 

ホラー系のVRゲームは、娯楽というよりは罰ゲームに近い感覚なんです。一刻も早くこのゲームを辞めたいと感じてしまう怖さ。

もうゲームを楽しんでいるというより尋常じゃない恐怖のお化け屋敷に行っている感覚です。

この体験せずにVRは語れませんね。

 

 

【ジャンル】ソーシャルVR

VRコンテンツはヘッドセットを装着すると外界と遮断され一人の世界に入りがちですが、ソーシャルVRは仮想の世界の中に集う人たちと空間と体験を共有できます。

 

『AltspaceVR』

 ソーシャルVRの先駆けであり、最もユーザーが多いのがアルトスペースVRです。

AltspaceVRでは様々な仮想のスペースが用意されており、その中で世界中の人と交流することができます。また、一緒に大画面でyoutubeを見たり、ゲームに興じたり、アウトドア(正確にはインドアなのだが)を楽しんだりすることもできます。

「AltSpace VR」の画像検索結果

また、日本人ユーザーが少ないため、会話は英語が中心ですが、恥ずかしがらずに思い切って話してみると自宅に居ながら、世界中の人と遊べるという新しい世界を体験することができます!

こんな感じで楽しめます↓ 

VRの未来の可能性はまさにソーシャルVRにあるといっても過言ではないと感じさせてくれる体験です。

VR空間内では定期的に様々なイベントも開催されており、みんなで踊ったりするクラブナイトや映画鑑賞、ゲーム大会など、自分の趣味や興味があるイベントに参加してよう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、VRを体験してみたい。VRゴーグルを買ったんだけど、なにが良いかわからないと感じている人やこれからVR機器を購入しようと思っている方にお勧めは上記2つの体験です。

そのほかにもOculus社提供のシューティングゲームのDead and Buriedや世界中の名所を見て回れるyoutubeの360°コンテンツなど、魅力的なコンテンツはたくさんあります!!

VRコンテンツは今後ますます映像や内容の質の高いものが増えてきますので、楽しみですね!

 

VRコンテンツやゲームを楽しむコツは、コントローラーがあることです。せっかくVR空間に没入するなら、ただ受動的に動画を見るのではなく、空間の中で活動ができるコントローラー付属のHMDやハンドトラッキングできるモーションコントローラーなどを合わせて使用したいところですね。

 

↓おすすめのVRゴーグルです↓

                   

 

 

 

嫌いになものが好きになるには理由がある

昔は嫌いだった食べ物が、今は食べれるようになるってことが往々にしてある。僕の中ではトマトと日本酒と椎茸がその代表格だ。

 

これら3品とも、ある日突然好きになったのだ。よく言う「食わず嫌いだったわけではない」いずれも、食べて「不味い」と感じて嫌いになったはずなのに、なぜか急に美味しいと感じた。

 

最近になってやっとその理由がわかった。

 

椎茸は裏側のビラビラがまず気持ち悪い。匂いも独特で、なんでこんなのが食べられるんだろう?と思っていた。きっと、椎茸が嫌いな人は同じように思っているだろう。

 

先日、椎茸を栽培している友人と居酒屋に飲みに行ったときに「この店は俺が作った椎茸を卸している店だから旨いよ~」とそそのかされ、椎茸を炭火で焼いたものに塩コショウをしただけの、いわゆる焼き椎茸を無理やり食べさせられた。

f:id:tatsumori777:20170427052438p:plain

旨い!

 

なんだこれ!!

 

あれほど毛嫌いしていた椎茸が「美味しい」のだ。自分でも不思議な感覚だった。椎茸ってやつは、味も見た目も気持ち悪いはずで、ビラビラを見た瞬間に食欲なんか消え失せる代物だったはずの椎茸が「美味しい」と感じたのだ。

「俺、椎茸は苦手だったのに、この椎茸はなぜか美味しいね?」と友人に言うと、待ってましたとばかりに「原木だからね」の一言。

ん!?原木??何?

そこからは、昏々と1時間ばかし原木椎茸の生産方法と、その素晴らしさについて熱く語られてしまったのだが、あまりにもくどい話のため割愛する。

 

椎茸の生産者である友人の話を要約すると、現在のシイタケ栽培は菌床椎茸と原木椎茸に分かれており、今は生産効率の良い菌床椎茸が全体の9割を占めるほど主流になっている。

「菌床椎茸」の画像検索結果

菌床椎茸は大量の栄養剤で固めて殺菌処理をされた、おが屑でできたブロックの菌床を使い90日程度の短期間で大量に生産できるため、コストはかからないが肝心の椎茸本来の旨味がないとのこと。友人曰く「菌床椎茸は栄養剤を食べているようなもんだね」と言っている。

 

それに対して、原木椎茸はナラの木を使って250日以上の長期間寝かせて無農薬で栽培する。1m程度に切った原木を何千本も移動・運搬するのは、おそろしく重労働だが、そのぶん味も香りも良い椎茸ができるとのこと。

その後も、居酒屋で椎茸の肉詰めを注文し食べてみると、これまた肉汁の旨味と椎茸の香りのマリアージュにノックダウン寸前の美味しさ!しかも、椎茸の、あの憎々しいビラビラが肉で隠れているから、見た目まで美味しそうに見えてくるのだから不思議なものだ。

f:id:tatsumori777:20170427054800p:plain

そんなこんなで、私の椎茸嫌いを一撃で変えてしまう力が原木椎茸にはあったのだ!

これまで、椎茸をスーパーなどで見たときに「原木」か「菌床」かという意識や選択肢はなかった。というか、椎茸嫌いの僕は見向きすらしていなかった。

ところが、原木椎茸のあの味をもう一度味わいたいと思ってスーパーの売り場を探してみると、原木椎茸が無いのだ。どこのスーパーを探しても、あるのは菌床椎茸ばかり。

 

しばらく椎茸の旨さを忘れかけていたころに、たまたま寄り道した産直で発見したのだ!見まごうことなき原木椎茸ちゃん。袋のシールに燦然と輝く「原木」の文字。産直だけに、売り場には生産者の顔写真と椎茸栽培への熱い思いが書かれている。すばらしい!

 

その椎茸栽培をしている友人と一緒に飲むときは日本酒が多いのだが、日本酒が好きになったのも椎茸同様に最近の事だ。

大学生のころにコンパや飲み会で日本酒を沢山飲んだ時に悪酔いし、嘔吐したことがある。それ以来、日本酒のにおいを嗅いだだけで、嘔吐したときの記憶が甦ってしまい日本酒を避けていた。その後も何度か飲む機会はあったが、やはり美味しいとは感じなかった

f:id:tatsumori777:20170427062929p:plain

数年前、僕の姉がアメリカ人(白人)と結婚し、日本の伝統文化を体験させてやろうということで近くの酒蔵見学に行った時のことである。

一通り酒蔵の見学コースを見て回った後に、義理の兄のトーマスが試飲コーナーで「旨いうまい」と日本酒をたしなんでいるではないか!

しかも、トムにお酒を勧めているのは、現在酒蔵で杜氏をしている大学の後輩だ。僕が通っていた東京農大には醸造学科というのがあり、そこには酒蔵の息子や味噌・醤油屋の息子などがたくさんいたのだ。

僕もその後輩に試飲を勧められたが「僕は日本酒はあんまり得意じゃないから」と断ると「マジ旨いっすから飲んでみて」とグイグイ来るので、しかたなく飲んでみると、たしかに「旨い」。

 

後輩は満面の笑みで「先輩が若いころに飲んで嫌いになった日本酒は醸造アルコールが添加された安い日本酒でしょ。たくさん飲むと僕でも気持ち悪くなりますよ~」と言う。醸造アルコール!?何?

日本酒は日本酒でしょ。と思っていた浅慮極まりない僕だが、後輩の話ではどうやら日本酒には香りを引き立たせたり、スッキリとしたキレの良い味を出すためにアルコールを添加するものもあるそうだ。安いパック酒では、醸造アルコールで2倍に薄めたいわゆる二増酒といわれるものがあり、それを大量に飲んだから嫌いになったのではないかとの事。

 

僕が飲んで美味しいと感じたのは醸造アルコールが入っていない、いわゆる「純米酒」だそうだ。

その後、美味しいと感じた日本酒の味が忘れられずに、割烹や和食の店、はたまた居酒屋などに行くと純米酒を注文することが格段に増えた。

今では、やれ「田酒」がいいだの「八仙」が旨いだの地酒通を気取って、いっぱしの酒好きに成り下がっている僕。

 

日本酒も椎茸も、本物の美味しさを知らなかったと言える。もちろん、菌床椎茸がダメというわけではない。流通の事を考えると、形も整っているし、早く・安く消費者に届くことは良いことだだ。味以外は・・・。

 

スーパーに並んでいる野菜なんかでも、トマトなどは陳列棚に並ぶ頃にちょうど赤くなるように完熟前の早めに収穫されており、トマト本来の甘みが味わえない。これも、流通を考えると仕方がない。味以外は・・・。

 

本当に美味しいものは、なんなのかを考えさせられる時代。昔、亡くなった祖母が言っていた「人は三里四方のもので生活ができる」と。

そういえば、近所の大工の棟梁が言っていたな~。「今は家を建てるときに使う木も外材が多くなった。木も生きているから、ほんとうはその土地にある木を使うと、その気候に合っているから家も長持ちするんだよな~」と。

 

大量消費社会の今だからこそ考えよう。本物ってなんだろうと。