like crap

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like crap

くだらない事や、さほど必要の無さそうな事を一方的にばらまきます。

そうだ!今年のゴールデンウィークはボランティアをしてみよう!

f:id:tatsumori777:20170410111116p:plain

今年に入り、「プレミアムフライデー」も始まり、今年のゴールデンウイークはまた少し長くなりそうです。
皆さんは予定は決まってますか?
家族がいたり、恋人がいたりすると、旅行に出かけたり里帰りをしたりする方が多いかと思います。
しかし、特段ゴールデンウイークだからといって予定が入ってないという方は必見です。
ちょっと良いことしてみませんか?

よく「ボランティア活動」をしている方がいますよね。
どうせ何も予定もなく、だらだらと過ごすのであれば長期休暇の数日程度、世のため人のために行動してみるのもアリです。

 

どんなボランティア活動があるの?

ボランティアにはたくさんの種類があります。
パッと浮かぶのは被災地での復興活動などかと思います。
その他にも、一人暮らしのお年寄りの自宅訪問や未就学児の育児など、地域に貢献するものから、乳児院や老人ホームへの訪問、該当でのPR活動などです。資格や技術を活かした活動でもボランティアはあります。

そして、ボランティア活動というと日本国内だけではありません。
発展途上国での活動ももちろんあります。

しかし、ボランティア活動はあくまでも「ボランティア」です。
行ける範囲で無理なく参加することが必要です。
ゴールデンウィーク期間中に海外へのボランティアに参加することはとてもピッタリですが、参加費はしっかり確認する必要があります。

 

海外へのボランティア活動

少なくとも10万円の参加費は必要となりそうです。探せば無料のものもあるようですが、とても数は少なそうです。
しかし、発展途上国での活動を経て、得るものは大きく、考え方が変わったり如何に自分が恵まれているのかなど、日頃の感謝をより実感出来たりと自分自身の成長にとても大きく繋がるかと思います。

★2017年 春/GW・初夏 海外ボランティア募集!!★

地球の歩き方 海外ボランティア・海外インターンシップ・スタディツアー

 

そして、海外だけでなく国内でもゴールデンウィーク期間中に楽しむことが出来るボランティア活動もあります。

 

村おこしボランティア

島に10日間程滞在して、村おこしを行うボランティアです。1日あたり約3800円ほどの参加費が必要となります。
ボランティア活動というよりも「旅感覚」で楽しむことが出来るボランティアです。
ゴールデンウィークに旅行を計画していた方も、ただ単に旅行するのではなく、ボランティア活動を交えた旅行をすることで貴重な体験をすることができます。

 

ecoff.org

JAの全国農協観光協会の企画

農業を手伝ったり、育てたりする事って学校行事以外でしたことはありますか?
普段私たちが何気なく口にしている食材は農家の方々が日々努力して育ててくれています。
また、なかなか育てる過程を見ることが出来なかったり、自宅では栽培することは難しい食材を育てたりすることが出来ます。
食に対する考えが変わるかもしれません。
こちらも参加費は1万円以上は考えていた方がいいでしょう。

www.znk.or.jp

 

被災地へのボランティア

こちらは募集の数も多いかと思います。
最近では、熊本と東北とで募集がかかっています。
東北に関しては6年が経った今でもまだまだ復興活動が行われているのが現状です。
参加費は内容やボランティア団体によって異なりますが、かかるものだと思って探した方が賢明です。しかし、高校生や大学生の方々でもある程度の貯金があれば参加出来るので、交通費や宿泊などをしっかり確認した上でお友達と一緒に参加することもいいかと思います。

f:id:tatsumori777:20170410110744p:plain

ap bank Fund for Japan - ap bank 東北ボランティアプログラム


もちろん、何千円という参加費だけではなく、各地には何百円かで参加出来るものや無料で参加出来るボランティアだってあります。
ご家族で参加するのには、単発だし一番手軽に参加出来るかと思います。

ゴールデンウィークは、自分だけの楽しみではなく困っている人やイベントのお手伝いに参加して数日だけでも有意義に活用してみてはいかがでしょうか?

ボランティア情報一覧 | NPO法人ボランティアインフォ

 

地域おこし協力隊になる 

 「私たちの地域をより良くしたい」そんな思いに寄り添うために2009年に総務省によって制度化された地域おこし協力隊

2014年度には全国444の自治体で1,511人の隊員が活躍しています。
地方自治体が募集を行い、地域おこしや地域の暮らし等に興味のある都市部の住民を受け入れて地域おこし協力隊員として委嘱します。

隊員には地域ブランド化や地場産品の開発・販売・プロモーション、都市住民の移住・交流の支援、農林水産業への従事、住民生活の維持の為の支援などの「地域協力活動」に従事してもらい、併せてその定住・定着を図るプロジェクトです。