like crap

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like crap

くだらない事や、さほど必要の無さそうな事を一方的にばらまきます。

移住には青森県八戸市が最適だと言い切ります!

近年、田舎へ移住することが流行しているのか、ずいぶん「移住」という言葉を見かけたり耳にする機会が多くなった。「まだ東京で消耗しているの?」というブログで有名になったイケハヤ氏が、東京から高知に移住して成功したことも、移住が流行っていると感じる理由かもしれない。

 

そんなに移住が流行っているのなら、郷土愛に溢れている僕は、これから移住を考えている人に向けて、僕の住んでいる青森県八戸市が、「いかに移住に最適なのか」ということを、是非とも伝えておかなければならないだろう。

f:id:tatsumori777:20170303093005p:plain

 

八戸市の素晴らしさを伝える前に、移住に関するデータを紹介しよう。

 

国土交通省HPより一部抜粋>

(足下で見られる地方回帰)
 統計データにより地方への人の流れの傾向を全国的に読み取ることは困難であるが、経済一辺倒の豊かさではなく、自然や地域との触れあいを大切にする生き方も求められており、田園回帰と呼ばれるように、地域を志向し地域を大切にしたいという若者も増えてきているとの指摘がある。
 内閣府が実施した世論調査では、確かに若い世代の田園回帰の意識の高まりが現れている。都市住民の農山漁村地域への定住願望についての調査によると、2005年調査に比べ2014年調査では、30代の農山漁村への定住願望が17.0%から32.7%へ、40代では15.9%から35.0%へと伸びている(図表2-1-5)。

 

図表2-1-5 都市住民の農山漁村への定住願望(ある・どちらかというとある)

f:id:tatsumori777:20170203090512p:plain

 

特定非営利活動法人ふるさと回帰支援センター注22では、地方移住を希望する都市住民と、約800の移住・交流を支援する地方公共団体とのマッチングを行っている。同センターでは、問合せの件数や利用者の年代についてアンケートを実施しており、2014年の利用実績を見ると、来場者は2013年の約1.4倍となっている(図表2-1-7)。

 

図表2-1-7 特定非営利活動法人ふるさと回帰支援センター(東京)問合せ・来場者数の推移

f:id:tatsumori777:20170203090652p:plain

 

上記のデータをみると、「移住をした人の実数はわからない」とはあるが、NPO法人ふるさと回帰支援センターへの相談者数は確実に右肩上がりで増えている。これは、多くの人が移住に関心を持っていることの裏付けにならないだろうか。

 

 

ふむふむ、なるほど、これは、我が故郷「八戸」を世に広め、実際に住んでいる僕が感じている、住みやすさと、他の移住候補地よりも八戸がいかに優れているのかについて、完全に主観的で独りよがりの観点から、情報発信する千載一遇のチャンスだ!!

 

ちなみに、僕は埼玉県に3年。東京に5年。仙台に3年。計11年もの間、故郷を離れ、都会での生活をしていた経験があるため、都市部で暮らす便利さや楽しさも十分承知の上で、「八戸」という地方都市の魅力を大いに語らせてもらう。

 

 

青森県八戸市の場所 

 

 

 

八戸に移住したほうが良い3つの理由

 

1、北国なのに雪があまり降らない

青森県というと、多くの人は雪国をイメージします。でも、太平洋沿岸は雪があまり降らないのです。 太平洋側気候と海洋性気候を併せ持つ地域で、冬の天気は晴れが多く、空気が乾燥しています。積雪量も比較的少ないのです。なので、通常雪国であれば、冬期間は毎日雪かきをしなければならない、と思われがちですが、雪かきはシーズンで1回~3回程度です。

しかも、車で30分~1時間以内にスキー場も多数あるので、会社帰りにスノボに行くなんてことも可能です。

これって、けっこう重要じゃないですか?ほどよく雪も降るので、春夏秋冬の季節感がしっかりとあり、近場でウィンタースポーツも楽しめ、なおかつ、日本海沿岸と異なり、降雪量も多くないので、雪かきに貴重な時間を奪われない

いい、良すぎる。良すぎますね~!

 

f:id:tatsumori777:20170517220008p:plain

2、バランスが良い

八戸市は人口24万人。このぐらいの街の規模だと、医療・教育・文化・余暇など、必要な都市機能や生活関連施設も充実しています。また、そのように一定規模の都市でありながら、海、山・川・湖が全て近場にそろっています。車で30分もあれば全て行けます。地方の中核都市でありながら、自然資源も近くにあふれている。バランスがいいですね。

春夏秋冬がちょうどよいので、(ビーチで)泳ぐ、(ゲレンデで)滑る、(山に)登る、食べる(四季の旬なもの)、これらが、すべて近場できる!

さらに、バランスがいいといえば、産業構造のバランスの良さです。移住で大切なのは仕事です。八戸市は漁業や農業、林業などの1次産業も盛んでありながら、新産業都市の指定を受るほど鉱業や製造業など2次産業も北東北随一です。そして、貿易港としても機能も持っており、北東北の物流拠点としてサービス業などの3次産業も活発です。とても産業構造のバランスが良いので、移住前の仕事のスキルを生かして働くことがしやすいのではないでしょうか。

 

3、アクセスが良い。

陸海空のアクセスがとても良いです。良すぎます!

<陸路>

高速道路は八戸市内に4ヶ所のIC(インターチェンジ)があります。

鉄道は市内に13駅あります。JR八戸線青い森鉄道、IGR岩手銀河鉄道、東北新幹線です。北海道の函館までは新幹線で1時間30分、東京までは2時間50分で行けます。

<海路>

また、フェリーも苫小牧まで就航おり、1日4便運航しています。これにより、車で北海道に渡ることも可能です。

<空路>

中心部から車で30分の場所に三沢空港があります。空港からは東京(羽田)・大阪(伊丹)・札幌(丘珠)、函館への直通便があります。もちろん、羽田経由であれば、日本中どこにでも行けますよね。

 

考えてください。陸海空のすべての移動手段が、すべてそろっている都市がどれほどありますか?

 

<八戸市の移住支援に関する支援制度>

移住支援施策に関しては、取り立てて目玉はありません。助成等の優遇度合で移住先を検討されている方には、物足りないと感じるでしょう。まあ、無いよりマシだと思って参考にしてください。

www.city.hachinohe.aomori.jp

 

 

いままで書いてきたこと以外にも、良いところはたくさんありますが、どんな地域でもそこそこの特色や良いところはたくさんありますよね。

もちろん、水揚げ高が国内で第4位の港町でもあるので、海産物がすべて旨くて新鮮!は当然ですが、築地にいけば、たいていの美味しい海産物は食べれるし、どこの土地にも美味しい食べものはあり、ここで、何が美味しいとか書いても、ただのお国自慢になってしまうので割愛します。(イカの水揚げは日本一!)

港町ということもあり、人口比の飲み屋の数は全国3位!!(1位は沖縄、2位が熊本)旨い地酒と新鮮な海鮮料理で夜の長横町(繁華街)は最高です。

 

冒頭に説明したように、私は埼玉、東京、仙台、八戸でそれぞれ生活したのですが、生まれ故郷という思い入れを抜きにして、八戸はとても居心地がよいと感じます。

 

これまで、説明したのは便利な点ですが、移住先としての田舎暮らしを希望されるかたは、不便でも静かな田舎が良いと思われるのでしょう。ご安心ください。車で20分も走れば

こんな感じの場所や

f:id:tatsumori777:20170206162309p:plain

 

こんな場所も

f:id:tatsumori777:20170206162635p:plain

 

こんな場所も

f:id:tatsumori777:20170206170740p:plain

 

こんな場所まで!

f:id:tatsumori777:20170206170332p:plain

 

そこらじゅうにありますよ~!

 

不動産屋視点での八戸情報

sumaity.com

 

八戸に関する掲示板(けっこう本音で話しています)

八戸について教えてください! : 旅行・国内外の地域情報 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

まあ、観光ではないけど、とりあえず。

hachinohe-kanko.com

 

こんなに、住み心地の良い場所はなかなかありませんよ~!

さあ、みんなで八戸に移住しましょう!