like crap

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like crap

くだらない事や、さほど必要の無さそうな事を一方的にばらまきます。

お腹周りの脂肪を減らす方法 【基礎知識】

お腹の脂肪を減らし、すっきりスマートなお腹にするためには、どんな法方があるでしょうか。

 

姿勢を正すだけで変わる

まず普段からお腹に緊張感をもって生活すること、いわゆる猫背にならないようにする事です。猫背になると、お腹の筋肉が緩み、ポッコリとお腹が出てしまいます。正しい姿勢でいる事を意識して生活するだけで、お腹の脂肪を減らすのに役立てることができるのです。立っているときも座っているときもいつもお腹を引き上げる感じで姿勢を保ちます。常に意識し胸を高くして顎を引き背中は反らないようにして、お腹を突き出さないようにすることがポイントです。

f:id:tatsumori777:20170110133327p:plain

 

摂取カロリーと消費カロリーのバランス

お腹の辺りの脂肪を減らすには、食事にも気をつける必要があります。ただし、食事に気をつけると言っても、過剰に食事を減らしたり、食べたい物を我慢したりするという事ではありません。脂肪を減らすために、これといって特に食べられないものはありませんが、食べる量には十分に気をつけなければなりません。

 

特にダイエット中というわけではなくても、食べすぎは体にいいことではありません。ローカロリーのものだからと食べ過ぎればカロリーはオーバーするもので、消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えて食べることです。

f:id:tatsumori777:20170110134254p:plain

 

脂肪がつきにくくなる栄養素

お腹の脂肪をなくすためには、お腹の脂肪を燃えさせることが大切で、そうすればお腹に脂肪がつきにくくなるというわけです。脂肪を燃焼させるのを助ける栄養素はビタミンB1とB2で、B1が炭水化物に含まれている糖質をカロリーに変換する際に重要な働きをします。そしてB2は脂質をエネルギーに変換し燃焼させるのを助けます。

 

*手軽にビタミンB1・B2を摂取するなら

 

こんな脂肪の燃焼を助ける栄養素が足りていないと、いくら運動や食事制限をしてダイエットに励んでも、お腹の脂肪は減らないのです。ダイエットをして体重を減らすことができても、筋力がつかなくて基礎代謝も下がっていては、脂肪燃焼は活発になりません。お腹の脂肪を減らすことだけでなく同時に筋肉をつけることも大切で、食事に注意してたんぱく質を摂取することも必要になります。

 

お腹やせエクササイズ

お腹の脂肪を取るためには、食生活を改善するとともに誰でも簡単にできる、お腹やせのエクササイズを行うと、大変効果が上がります。お腹の脂肪を取るためのエクササイズは、自分が最も習慣として行いやすい時間帯を選ぶことが良いといわれています。自分にとって無理なく続けられそうな時間帯、たとえば寝る前や朝起きたときなどを好きに選ぶといいでしょう。

 

お腹の脂肪を取るエクササイズで効果的なのは、みぞおちを引き締める運動で、ひざを立てて寝て肩幅くらいに足を開き、腹筋をする要領で背中を丸めながら上体を少し起こします。お腹の脂肪を減らすエクササイズとして効果を上げるには、上体を持ち上げるときに肩甲骨が床から離れるくらいにするといいでしょう。

 

下腹の脂肪を減らすための運動もあり、これもエクササイズとして効果があります。仰向けに寝て、頭と曲げた足を少し浮かして、その足をまっすぐにのばすという運動ですが、かかとを床に付けず、きりきりのところで止めるのがポイントです。体が動きそうになったら腕で床を押さえて、息は吐きながらゆっくりと繰り返します。

 

わき腹の脂肪を減らすエクササイズもありますが、お腹の脂肪を減らすエクササイズと一緒に行うと効果的です。体を横にして足と肩ひじで体を支え、腰と上体を浮かして静止させるのが、わき腹の脂肪を取るエクササイズです。わき腹を浮かしたとき、反らないようにと力を入れてまっすぐにさせることで、わき腹の脂肪燃焼はより活発になります。

 

こんなお腹の脂肪を取るエクササイズは、家の中で簡単にできるものばかりなので、毎日すぐに取り入れることができるでしょう。

f:id:tatsumori777:20170110140226p:plain

 

 

ほんとはコワイお腹の脂肪

お腹に脂肪がたまっている人がなりやすい病気はあるのでしょか。お腹の脂肪は、大部分が中性脂肪でできていますが、この中性脂肪が極端に増加すると、動脈硬化を引き起こしてしまうといわれているのです。血液中の中性脂肪が増加することで善玉コレステロールが減少し、それが血栓を作ることになります。それがやがて心筋梗塞脳梗塞などの病気を引き起こす原因となってしまいます。

 

 

お腹の周りに内臓脂肪を溜め込んでいると、糖尿病や動脈硬化、また高血圧、高脂血症などの生活習慣病を招いてしまうことにつながるのです。こんな生活習慣病は一度かかるとなかなか治りにくく、一生治療しながら付き合っていかなければならないものです。お腹に脂肪がたまっている人の問題は、見た目からお腹の脂肪を減らしたほうがよいのではといった簡単なものではありません。そのかかりやすい病気などから、私たちの健康に深く関わっていることなのです。

 

数値を把握しておくことが大事

お腹に脂肪がたまっているなと少しでも感じる人は病院で一度血液検査などを受けてみることをおすすめします。体脂肪の数値などはしっかり頭に入れておき、自分の体の健康な数値を把握しましょう。普段の生活で、食事の習慣を改善しながら、適度な運動も励行し、お腹の脂肪を取るようにしましょう。お腹の脂肪が減ると、お腹まわりがすっきりしてスリムになれるだけでなく、新陳代謝がよくなって肌荒れや冷え性なども改善でき、体はどんどん健康になります。

 

まとめ

女の子なら、誰もがキレイなウェストやくびれに憧れます。でも、そのために無理なダイエットや食事制限をしてしまうと、栄養バランスが崩れて肌が荒れたり、病気になるリスクが高まります。また、過度な食事制限などは精神的なストレスも多く、長続きしませんよね。お腹の脂肪を減らして、理想の体型に近づけるためにも、正しい知識を身につけて、自分の生活に合った適切な方法でダイエットやエクササイズを行いましょう。

f:id:tatsumori777:20170110141159j:plain

 

 

あわせて読みたい記事

doudemoii.hatenablog.jp